セーフ ブラウジング機能とは?

危ないサイトなのか?がアクセスする前に判る方法

アクセスしようとしているサイトが個人情報を盗むサイトやパソコンを乗っ取る目的のサイトなど「危険なサイト」なのかをアクセスする前に判る方法があります。

検索の最大手Google(※)には「セーフ ブラウジング」といって、安全ではないウェブサイトを特定し、ユーザーやウェブマスター(サイト管理者)に知らせて危険から保護する機能があります。
  • パソコンに不正なソフトウェアをインストールするコードが含まれたサイト。
  • ユーザー名やパスワードの入力などの個人情報の共有を促しているサイト。(なりすまし詐欺など)
などのサイトをユーザーが見る前にGoogleが検証してくれるので、ここで「危険ではない」と評価されたサイトはGoogleが安全であると太鼓判を押したサイトであると言えます。
詳しくは⇒Googleセーフブラウジング

当サイトは、全てのサイト詳細ページに「詳細サイトのページブラウジング機能を記載」しています。

これでサイトにアクセスする事の不安を取り除く事ができるでしょう。

※Yahoo!の検索機能もGoogleのアルゴリズムを使用しています。「検索」という行為はほぼGoogleが独占しています。




ジャンル別サイト比較